スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

無料 ノウハウレポートのダウンロードはこちらから ▽
http://www.it-rex.jp/mail3/form.php
不動産ホームページ制作
基本苦手意識を捨てよう!一億総インターネット時代!
たとえば、電車に乗る時、時刻はどうやって調べるでしょうか。
今、会社のデスクならパソコンで、ちょっと出先なら携帯で調べるのではないでしょうか。
一昔前なら遠出するときは緑の窓口に聞きに行く、あるいは本屋で電話帳のようにぶ厚い時刻表を立ち読みしていたものです。
それが今やすっかりパソコン・ケータイに取って代りました。

いまや家庭からのインターネットの月間利用者は、現在4,500万人を越えているそうです。
生まれたての赤ん坊から旅立つ老人まで合わせて1億2千万人の人口ですから、そう考えるともう国民の大半が利用しているといってよいでしょう。

少なくても、皆さんが相手をする不動産購入・賃貸ユーザーはもう当たり前に利用していますし、将来ユーザーになるであろう若い世代は、すでに学校教育にインターネットが組み込まれています。今後は携帯電話等モバイル端末からのアクセス増も見込まれ、インターネットの利用が形を変ながら増えて行くことが確実視されています。

不動産業はすでにネットが「大事な集客手段」になっています。
もうネットが苦手だと言ってはいられない世の中です。

撒いても鳴らなくなったチラシ、少なくなった店頭来店。
その全ての原因はインターネットにあります。


こんなことは言わなくても、このサイトを見ているあなた自身が実は分かっているはずです。

端的に言えば時代が変わったのです。

お客さんは、不動産を探そうと思ったとき、来店をするとき、まずはネットで情報を調べます。これは別に不動産に限ったことではありません、あらゆる商品・サービスがいまやネットで調べられ、比較され、検討されます。

なぜかといえば理由は明白です。損したくないからです。だまされたくないからです。いいものが欲しいからです。
そのためには、インターネットで調べるのがいちばんカンタンで便利だからです。

そして、不動産業では、いきなり行って強烈な営業されたくないからです。

当社調査では、88%もの人が不動産屋さんに対してネガティブな印象を持っています。

不動産会社イメージ調査

営業がしつこそう:55.7%、怖いだまされそう32.3%、普通のサラリーマン7% …


残念ながら、そういう印象のため直接は行きづらいのです。
問い合わせもしづらい問い合わせした後でも返答しづらい。

お客さんは、インターネットを使って、比較し、検討し、問い合わせをします。
調べて調べて迷って迷って、最後に勇気を持って問い合わせをしています。
そして、時には問い合わせた後でも大丈夫かなと心配しています。

そのお客さんに答えるには、お客さんが安心してもらうにはどうしたらいいか、比較され、検討され、問い合わせしてもらうにはどうすればよいか、それをしっかりと考えることが何より大切です。

もうすでに、そういう時代なのです。

今後は少子高齢化社会を迎え、顧客自体が少ない世の中がやってきます。

インターネットの時代、それを前提に「集客と成約」を考えていかないと、今後の経営はますます厳しいものになるでしょう。


 【トップページへ】   前のページへ<<  >>次のページへ
無料 ノウハウレポートのダウンロードはこちらから ▽
http://www.it-rex.jp/mail3/form.php
不動産ホームページ制作
スポンサーサイト
無料 ノウハウレポートのダウンロードはこちらから ▽
http://www.it-rex.jp/mail3/form.php
不動産ホームページ制作