スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

無料 ノウハウレポートのダウンロードはこちらから ▽
http://www.it-rex.jp/mail3/form.php
不動産ホームページ制作
造りっぱなしはダメ!運用次第で集客が決まる!!
さて、二章をまとめます。

カンタンにまとめると、、、




1.よいホームページを創る
  ・お客さんはインターネットからやってくる
  ・お客さんはホームページを通して会社を見ている
  ・ホームページは会社その物
  ・会社概要はクロージングを担う、会社の安心感をしっかりPRする


2.よい立地(SEO/広告)を確保する
  ・インターネット空間は、たとえてしまえば広大な宇宙空間、
   見つけてもらう工夫が必要、検索エンジンを利用、
   SEO/ネット広告を利用して見つけてもらう
  ・ホームページを製作する段階からしっかりと造りこみ、
   きちんと広告をかけ、メンテナンスで手をいれながら、
   告知活動を行っていく

 
3.魅力的な物件情報を載せる。
  ・よいホームページ/よい立地(SEO/広告)だけでは問い合わせはない
  ・問い合わせしたくなるような物件案内を文字で行う



上記の通り、しっかりと考えれば運用していかないと、競争がますます厳しくなる業界内で勝ち残ることはどんどん難しくなります。
もう造りっぱなし、業者任せ、それが通じる時代ではなくなりました。

くどいようですが、ホームページは店舗と同じ。
しっかりと「運営」していかなければ効果はありません。
担当者を決め、広告し、物件情報を更新し、「お客さんが問い合わせたくなる」状況をしっかりと創ってあげなければなりません。

我々は不動産業に関してどこよりも効果的なホームページを創る自身がありますが、それを本当の効果に変えていただくためには、現場の方々がしっかりと物件を更新し、ホームページを告知し、なによりもホームページを大切に大切に育てていくように運営していただかなくてはなりません。

しっかりと運営していれば、その雰囲気はデジタルなネット上だとしても、やっぱりにじみ出てくるものです。そして、そうすれば、お客さんはその雰囲気を感じ取ってくれることでしょう。

だらしないライバルを尻目に、しっかりとしたところが選ばれます。世の中は正直に出来ています。がんばるところが成果を得る。もし、がんばっても成果が得られていないとすれば、それはどこかがバランスを欠いているということかもしれません。

そういう場合は、一度外部の目から自社のホームページを見てもらうことも必要です。
自社だけでは固まりがちな考えも、外部の意見を取り入れることで、新鮮なものに変わるかもしれません。

ネットの世界はまだまだ歴史の浅い世界、変化の激しい世界、流行や効果のある手法などすぐに変わります。いつまでも昔のやり方に固執していても何も変わらないどころか落ちぶれていくばかりというパターンもあります。

そのためにも、担当者を決め、担当者には新鮮な情報をしっかりと吸収させる土壌が必要です。
当社ではネット担当者の育成方法が分からないというニーズに応えネット担当者の人材教育も行っていますが、やはり担当者が育つと会社のサイトも戦略もずいぶんと変わってくるものです。

担当者を育て、サイトを育てていく、それがこのネット時代に会社を育てていく戦略の一つとなるのではないでしょうか。(もちろんそれだけではないでしょうが)



・外部の目から見て、外部の意見を入れることも必要!
・変化の激しいネットの世界、担当者を育て対応させていくことも大事!


 【トップページへ】   前のページへ<<  >>次のページへ
無料 ノウハウレポートのダウンロードはこちらから ▽
http://www.it-rex.jp/mail3/form.php
不動産ホームページ制作
スポンサーサイト
無料 ノウハウレポートのダウンロードはこちらから ▽
http://www.it-rex.jp/mail3/form.php
不動産ホームページ制作